わたしたちの仲間を紹介します

アセアン・フィナンシャル・ホールディングスで活躍する優秀な私達の仲間をご紹介します。 アセアン・フィナンシャル・ホールディングスの企業カルチャーや先輩達の思いを感じてください。

ニュース証券 
代表取締役 伊藤光浩

 新型コロナ感染拡大により、私たちの生活環境は様変わりしました。労働環境も同様、在宅勤務やリモートワークなど、「仕事は会社で」というこれまで常識だったことですら、大きく変化してきました。
 しかし変化はチャンスだと思います。歴史を振り返っても、時代が変化する時は常にニューリーダーが出てきています。百姓出身の渋沢栄一が、日本経済の礎を作ったようにコロナ以降の現代社会にも名もなき若者が時代に名を残す土壌が出来てきています。そしてその担い手は素直で前向きな若いみなさんに他なりません。
 私達は国を越え、業界を越え、金融や人材のクロスボーダーをゼロから一緒に実現する仲間を探しています。 何が起こるか分からない、だから面白いし、チャンスがあります。 
 私たちニュース証券の財産はお客様です。お客様の投資意向は十人十色、様々です。ただ「豊かな将来のために」はお客様の共通した思いです。その思いや希望に耳を傾け、それぞれのお客様に合ったご提案をさせていただいております。
 また、これまでのブローカー業務トレーディング業務のみならず、富裕層の投資家向けに税務・相続・M&Aによる事業承継・さらに人材のご紹介まで多岐にわたるソリューションをご提供しトータルコンサルティングとして新たな分野にも進出していきます。
必要な資格の取得推進や外部研修を取り入れながらひとりひとりのスキルアップとキャリアアップを実現してもらいます。
 私たちはFace To Faceを大切にしております。直接お会いしたり、電話でお話ししたり一見古臭く時代に逆行しているかもしれませんが、ネットでは分からない、ちょっとしたお客様の表情や息遣いを感じることができます。こういった営業スタイルは決して効率がいいとは言えないかもしれませんが、転勤がない当社の社員は「お客様とは一生のお付き合い」と固く心に決めて業務にあたっております。これが「お客様が財産、お客様ファースト」の精神です。

 さて今年20周年を迎えるニュース証券に、もう一つ柱が出来ました。
こちらも「人が財産」、人材業務です。日本の労働人口の高齢化や人材不足が叫ばれて久しくなります。コロナの影響で業界によっては慢性的に人材が不足しており先を見越した経営者の皆様は既にコロナ後の会社運営を視野に外国人材確保に動いておられます。日本が復活するには企業が元気になることです。そしてそのためには若いみなさんの力が必要です。人も企業も明るくなり、その明るさが日本全国に広がる、そのお手伝いをさせていただき、私たち自身も幸せになれる、そんな会社を目指しております。
仕事を通して白紙のキャンバスにあなた自身の新しい画を私たちと一緒に描いていきましょう。
若いみなさんとお会いできるのを心待ちにしております。

会社説明会・エントリーはこちらから

エントリー・説明会